オートメーションサーバー

KISTERSオートメーションサーバー

KISTERSオートメーションサーバー(KAS)はサーバーベースのソリューションとして、3Dデータの自動的な処理とバッチ変換を実現しました。

このオートメーションサーバーは全ての主なシステム(例えば、PDMシステムとPLMシステムがあります)と組み合わせることができます。SAPシステムにも適用されます。 

標準タスク:3Dバッチ変換及びそのプレビュー図

Kisters オートメーションサーバーには複数のパワフルなモジュールが搭載されています。ベースとなっているのは、PDM システム制御による 3DVS、3D-PDF、JTあるいはSTEP といった 3DViewStationフォーマットへの 3D-CADアセンブリーのバッチ変換機能です。Kisters オートメーションサーバーでは、3DViewStation ではすでにお馴染みの高い信頼性で高速処理が行われます。

PLM システム内の検索結果表示には、毎回 3D モデルを表示するよりも画像プレビューを使用した方が理に適っています。この画像プレビューは、簡単に Kisters オートメーションサーバーの背景に作成することができます。

特徴:虚構の製品、製品構成の読み取り

PLM システムではよく各部品のみがネイティブ形式となっており、構造はデータバンク内で仮想化管理されるに止まります。こういったケースでも、Kisters オートメーションサーバーを使用することで各部品がサーバー上に配置され、定義された構造が形成されます。処理の結果は STEP, JT 或いは3D-PDFフォーマット(パターンの使用が自由です)で導出されます。

ただしこの際、アセンブリーを読み込むためには製品構造を読み出し、PDM システムへとエクスポートする必要があります。この場合、Kisters オートメーションサーバーの該当機能を使用することで、CAD アセンブリー構造を XML ファイルとしてエクスポートすることができます。

主要機能の概要:
3D
  • 3D-CAD データのフォーマットを 3DVS、3D-PDF、STEP 及びJTのフォーマットへの変換ができます。
  • 3D-CAD モデルからの画像プレビューの作成
  • 仮想虚構の製品構造によるを伴う 3DVS、3D-PDF、STEP及びJT のフォーマットの作成ができます。
  • 3D-PDF テンプレートの使用
  • PLM システムからのメタデータの収集
  • CAD アセンブリーからの製品構造のエクスポート

我々の製品説明において、我々の製品の最大の機能範囲について説明することが普通です。我々の営業部から利用できる選択肢の関連情報を請求してください。ミスと修正の権利を保留します。


お問い合わせ


ダウンロード