Product Configurator Integrations

製品コンフィギュレーター向け可視化ソリューション

3DViewStationを使用して、強力な3Dビジュアライゼーションを製品コンフィグレータに使用します。

ウェブ上で製品コンフィギュレータを操作しているか、CPQ(コスト/価格/見積)ソリューションの製造者です。貴社のソリューションでは、設定される製品に関するすべての情報を把握しており、設定ルールやコンポーネントの価格も把握しており、対応するジオメトリにもアクセスできますが、強力な可視化機能が不足していますか?そんなときは、KISTERS 3DViewStation WebViewer版がおすすめです。PLMシステム内で製品を設定したい場合や、事前に定義された製品のバリエーションを単純に可視化したい場合(行列として利用可能な場合が多い)、3DViewStationをデスクトップ、WebViewerバージョン、またはVR版として利用することができます。その際、結果は100%BOMや3Dモデル、2D図面で出力可能です。

特典...

... 利用者向け

  • 非常に複雑な製品でもすぐに可視化された情報を確認可能
  • 各種素材のサポートによる詳細表示
  • 操作が簡単

... 開発者向け

  • 150%モデルに限定されることなく、考えられるすべてのアプローチを製品構成に実装することができます。
  • 短時間で統合可能
  • SDKなしで、プログラミングコードもほとんどなし
  • 統合したデスクトップ、ウェブ/モバイル、VR版をその他のバージョンに変更するときも、調整はほとんど必要なし
  • 統合時に頼りになるコンサルティングチームのサポートあり

... 意思決定者向け

  • デジタルツインのベースとなる正確な100%BOM
  • ノウハウ保護のためのセキュリティ対策も万全
  • 最終消費者向け、社内ユーザー向けに異なるクライアントを使用可能
  • 3Dにも2Dにも対応した共通ソリューション
  • オートメーションオプションが豊富
  • トレーニング/講習が不要
  • クライアントのインストール不要(WebViewerの場合)

以下では、製品コンフィギュレータの文脈での利点をご紹介します。

  • 非常に短時間で可視化が可能で、1秒以内に変更点が表示されるだけでなく、クラウド内や社内インフラでも使用可能。
  • ジオメトリをリアルタイムで読み込んで、配置やスケーリングを行えるので、150%モデルだけが縮小されることはありません。
  • 選択行列から100%にのみ縮小可能な150%モデルを使用することもできます。
  • また、リアルタイムでの高画質素材・画像(2D、360°画像、3D Skybox)の使用にも対応しています。
  • 3DViewStation WebViewerなら、部品数が数百万個にもおよぶ製品でも、わずか数秒でブラウザへの読み込みが完了します。
  • 3DViewStationデスクトップ版は、すでにファットクライアントをご利用の場合はもちろん、CADデータの処理を行うオーサリングシステムとしても、よく使用されています。
  • その場合、設定した3Dモデルから自動的に作成される、2D図面の使用が可能となります。
  • 3DViewStationは、お客様のIP(知的財産)を保護するのに役立ちます。
    • ブラウザレンダリング中も、サーバーから3Dオブジェクトをダウンロードできないようになっています。今日の情報社会では、3Dデータの機密性を維持することは簡単ではありません。
    • 3DViewStationを使用すれば、特定の部品や3Dモデル全体の盗用を防ぐことができます。
    • 内部の部品を自動で取り外してくれます。
    • BREPデータを外部参加者に転送する必要がある場合に備えて3DViewStationは、変更がほとんど見えないような方法で形状を変更することができ、その結果は制作にはまだ役に立たない(違法コピー/盗作を防ぐことができる)。内部の部品を自動で取り外してくれます。

     

手を差し伸べる

アドバイスさせていただきます。

技術
+49 2408 9385 517


いくつかのプロジェクトの詳細。

3DViewStationは今日、トラックのエンジン構造やトラック全体、ヘリコプター全体、業務用エアコン、電気コンポーネントなどの可視化に使用されています。

トラック用エンジンを手がけるDeutzでは、製品のバリエーションも数百万通り存在します。そのすべてを従来型のCADであらかじめ定義することはできないため、前処理の手間を省きつつ、適切な時間への自動配置が可能なインテリジェントアルゴリズムが必要となります。ここでもまた、3DViewStationシリーズが要所でその性能を発揮。前処理にはデスクトップ版、オートメーション化には当社のKASバッチ処理ツール、ウェブでの使用にはWebViewer版が使用されています。

業務用エアコンでは、基本的にコンポーネントの機能によって位置や状態は決まりますが、境界条件は建築物によって異なります。Fläktでは3DViewStation WebViewerで完全な3Dモデルを作成すると共に、キャンペーン案内のために3Dモデルから派生した法的効力のある2D図面を使用しています。

DAFで求められていたのは、Azureクラウドで高性能を発揮する、顧客にとって魅力的なフロントエンドソリューション。ここでは、PLMシステム内に存在するNXやCreo形式のデータの一部変更・無効化に3DViewStationが使用されています。もちろん、ウェブ上のコンフィギュレーターには高画質素材を使用。最終的にはBREP形式の3Dモデル、または複数のビューやレイヤー、ブロックを使用した2D図面の派生が可能となっています。このソリューションのおかげで、DAFで「デジタル・イノベーション・オブ・ザ・イヤー」を受賞することができました。

Leonardoではグラフィックスに一切対応していないコンフィギュレーターの代わりに、Aras PLMに統合された構成管理ソリューションとKISTERS 3DViewStationを合わせて導入。おかげで、100%BOMを後続プロセスから生産まで設定できるだけでなく、PLMシステムでいつでもヘリコプター全体の可視化・分析を行い、選択したデータをCAD Catiaに転送して編集できるようになりました。

Kostalでもまた、PLMシステム(CIDデータベースを使用)からあらゆる電気コンポーネントの設定情報が読み込まれます。その可視化に使用されているのが、当社の3DViewStation。この用途のためにデスクトップ版向けプラグインが開発され、可能性のある設定をすべて読み取り、クリックしたときにグラフィック表示が更新されるようになっています。