Kisters VisShare

Kisters VisShare - オンラインコラボレーション、3D-CADデータの共有が可能

プロジェクトの作成、スタッフの配分、ドラッグ&ドロップによるCADデータの追加など、3Dコラボレーションはとにかく簡単です。あとは3D CADモデルや2D図面へのリンクを貼るだけで、該当するモデルや図面を共有したり、プロジェクト全体へのアクセスを許可することもできます。

VisShareは社内ソリューションに最適なMultiCAD対応の製造メーカー向けウェブ環境ですが、社内だけでなく社外のスタッフも携わる合同プロジェクトや各所在地の社員が参加するプロジェクトにもご利用いただけます。ウェブポータルからビジネスパートナー、顧客、サプライヤーを結びつけることで、すべてを安全に共有できるようになるほか、3D・2D CADデータの可視化や分析、管理も簡単。VisShareは端末にインストールする必要がないため、どなたでも簡単に使用・管理することができます。また、VisShareサーバーはクラウド内でも自社サーバー(オンプレミス)上でも使用可能です。

ぜひお気軽に当社までご連絡ください

 

手を差し伸べる

アドバイスさせていただきます

技術
+49 2408 9385 517


VisShareの特徴

VisShareの主な特徴

  • プロジェクト関係者間で簡単にデータを共有
  • ユーザー・グループ管理
  • プロジェクトへのスタッフ割り当て/共有リンクの送信
  • プロジェクトの調整が数分で完了
  • 3D CAD、2D、画像、Officeデータの可視化機能搭載
  • データにラスター/マークアップを付けてVisShareに保存
  • データへのアクセス管理
  • クライアントのインストール不要、完全ブラウザソリューション

ご利用可能な端末

  • 社内コラボレーション向けソリューション
  • 会社間プロジェクトチーム向けソリューション
  • 中小企業・大企業向け
  • デスクトップPC、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン上で作動
もっと見せる 少なく表示

こんなトラブル、ご存じないでしょうか。

同僚やサプライヤーから電話が入り、はっきりしない点を「ちょっと」クリアにしてほしいと頼まれたとします。あなたはビジネス上有利な立場を維持するため、データの開示はあまり行いたくないものの、ファイルのダウンロードが完了すればそんなことは不可能。もしかしたらアセンブリーが予想より大きく、従来のデータ交換やFTPでの転送には時間と手間がかかりすぎるものの、クラウドやメールではセキュリティ面が心配だったり、実行できないのかもしれません。場合によっては手動で行う必要があるため、時間がかかるものの、ネイティブ3D CADデータをJTのようなニュートラル形式に変換することができますが、それでもJTファイルを転送しなければならず、コメント機能によるコミュニケーションにも手間がかかるようになります。3D-PDFはメールに添付するには大きすぎる可能性があり、大きすぎるためAdobe AcrobatやReaderでも開くだけで精一杯の場合が多いと思われます。  また、帯域幅が狭いため、現代のビジネスに不可欠なスマートフォンへのダウンロードはほぼ不可能でしょう。

それとも、わずか数週間あるいは数ヶ月しかかからないとされるプロジェクトにおいて、共同作業のために社員と外部ビジネスパートナーで特定のデータを共有したいという話かもしれません。

そんなときは、必ずソリューションとしてVisShareをおすすめします。

ケース1の場合:3DVSファイルかCADネイティブデータをVisShareプロジェクトにアップロードし、該当ファイルへの(場合によっては一時的)共有リンクを送信するだけです。受取人を登録する必要がないだけでなく、ファイルのダウンロードも不可能なため、データのセキュリティを確保できます。

ケース2の場合:メールアドレスでユーザー登録を行ってからグループに追加し、選択したユーザーがアクセス可能なVisShareプロジェクトを作成して、CADデータを追加するだけです。さらに、相手のユーザーがシステムにログインしたかも確認できるようになっています。ミスが見つかったときも、サーバー上のファイルを上書きするだけで、すぐに修正可能。これなら、ビジネス上有利な立場を維持することができます。

Kisters VisShareをおすすめする7つの理由

  • Kisters VisShareなら、すぐに特定のデータでプロジェクトを作成し、特定のスタッフがアクセスできるように設定可能
  • Kisters VisShareは多数のデータ形式をサポート
  • Kisters VisShareは帯域幅が狭くても、大型アセンブリーでも、非常に高速
  • Kisters VisShareではグループでユーザー管理が可能
  • Kisters VisShareからはジオメトリを端末にダウンロードしたりストリーミングできないため、CADデータのセキュリティがばっちり
  • Kisters VisShareは端末へのインストール不要
  • Kisters VisShareはブラウザ環境のPCはもちろん、タブレットやスマートフォンのようなモバイル端末上でも作動

以下のプロジェクト例は、VisShareをご利用いただいているお客様のものです。

ある金型・工具メーカーは顧客(ほとんどが自動車業界OEMメーカー)とオンラインでプロジェクト単位の共同作業を行うためにVisShareを使用。そのため、社内にはVisShareサーバーがインストールされています。そして、発注の度に該当CADデータがVisShareプロジェクトにアップロードされ、プロジェクトに携わる社員ならびに外部スタッフが各自の権限でアクセスできるように設定されます。データをVisShareサーバーからダウンロードすることはできないものの、OEMメーカーによる確認はもとより、注釈を付けたり、ビューの作成やVisShareサーバー上へのイベントの保存も可能です。ほかにもこの金型・工具メーカーでよく使用されているのが、LDAPとActiveDirectoryからのユーザー追加、そしてVisShareを使ったファイルサーバーの既存プロジェクトフォルダのオンライン公開というオプション。


とある大手プラント建設会社では、短期間で特定のデータ処理を担当するプロジェクトチーム結成のためにフレキシブルなソリューションを探していました。当時社内で使用されていたPLMシステムは、操作が難しすぎるとの理由で不適切とのこと。このケースでも、数回マウスのボタンをクリックするだけでプロジェクトを作成し、特定のスタッフのみがアクセス可能なよう権限を設定できます。この会社では開発段階からVisShareがスムーズに社内に導入され、Kistersクラウドと共に使用されています。

 

ファイルベースの共同作業(3D-PDF、JT、STEPなど)とウェブベースのサーバー側レンダリング(SSR)の比較

  ファイルベース SSRを使用したWebベース
ローカルインストール不要 ×
(モバイル)端末へのデータ保存なし ×
(モバイル)端末へのジオメトリ保存なし ×
ダウンロード一切なし、待ち時間なし ×
大型モデルの読み込みも数秒で完了 ×
どんなに複雑なアセンブリーにも対応、無料ビューアーのようなファイル容量制限なし ×
大型ファイルと同時にデータ接続不良にも対応 ×
サーバー上でのスケーリングが可能、任意のクライアントを使用可能 ×
常に最新ドキュメント、最新メタデータにアクセス可能 ×
ユーザーアクティビティのログ記録可能 ×
ファイル、アクセス、スタッフをすべて管理可能 ×
ファイル置き換えのとき、新たに送信の必要なし ×
ジオメトリのダウンロードオプションなし、ノウハウの保護 ×
サーバー上でラスターやマークアップの挿入が可能 ×
3Dでも2Dでも、任意のデータ形式を使用可能 ×
どのデータ形式でも同じ機能を使用可能 ×