3DViewStation デスクトップ版

デスクトップ、ノートパソコン、Windowsタブレット向け高速汎用3D CADビューアー

3DViewStationデスクトップ版は当社で最も人気ソリューションです。ローカルPCにインストールするタイプで、3D CADや2D CAD、画像、Officeドキュメントなど、60を超えるデータ形式に対応しているため、すぐに可視化が可能。ビューイングだけでなく、ナビゲーションや選択、検索&フィルター、測定、寸法記入、分割、比較、ラスター/マークアップ、分解立体図、体積計算、協議の準備、ノウハウの保護、技術文書のコンテンツ作成など、その他多数の機能が搭載されています。さらに、ドラッグ&ドロップで各種CADシステムのCADデータを前処理なしに簡単にモデルに追加できるので、真のMultiCAD DMU(デジタルモックアップ)を作成できます。もちろん、3DViewStationデスクトップ版は単体だけでなく(スタンドアローン)、APIによって任意の主要システムに統合した状態でもご利用いただけます。

 

 

今すぐ無料体験版をダウンロード

 

 

 

手を差し伸べる

アドバイスさせていただきます

技術
+49 2408 9385 517


3DViewStationデスクトップ版の特徴

デスクトップ版

  • ローカルでの使用に最適な定番ソリューション
  • 60以上のデータ形式に対応
  • シンプルな可視化から高度な解析、デジタルモックアップまで180以上の機能を搭載
  • 非常に高速
  • 操作が簡単
  • 真のMultiCAD DMU
  • 製造業の中小企業・大企業向け
  • パワーユーザーやローカルデータ処理が必要な旅行者にも最適
  • プラグインによる拡張に対応

サポートされているプロセス

  • プロジェクトレビュー
  • セールス
  • 作業計画
  • 生産
  • エンジニアリング
  • 変更管理
  • 購買
  • マーケティング
  • 技術文書作成
  • 品質保証
  • コラボレーション

ご利用可能な端末

  • デスクトップPC、ノートパソコン、Windowsタブレット
  • ローカルインストール
  • 仮想マシン(VM)上でも作動
  • 単独で作動(スタンドアローン)
  • 統合した状態でも作動可能
  • 固定/変動(ネットワーク)ライセンスから選択可能
もっと見せる 少なく表示

KISTERS 3DViewStationを御社データの可視化ソリューションとしておすすめする6つの理由:

  • KISTERS 3DViewStationデスクトップ版はグラフィックカード搭載型はもちろん、グラフィックカード非搭載のビジネスノートパソコン上でも作動
  • KISTERS 3DViewStationデスクトップ版は多数のデータ形式をサポート
  • KISTERS 3DViewStationデスクトップ版は非常に高速
  • デスクトップ版の3DViewStationは、シンプルな表示から会議やワークグループの準備、技術文書の作成、高品質なデジタルモックアップまで、幅広い機能を提供しています。
  • KISTERS 3DViewStationデスクトップ版の操作はそれでも簡単
  • KISTERS 3DViewStationデスクトップ版はPLMシステムなどの全主要システムに統合可能

ファイル形式

  • 3Dインポート - ネイティブ&ニュートラルCAD:
    Catia、NX、Creo、Solidworks, SolidEdge、Inventor、SAT、Parasolid、JT、STEP、3D-PDF、Revit、 GLTF、3DXML、VRML...
  • 2Dインポート - 図面、Office、画像:
    Catia CatDrawing、NX 2D、Creo DRW、Solidworks slddrw、DWG、DXF、HPGL、2D-PDF、TIFF、JPEG
  • 3Dエクスポート:
    STEP、JT、3D-PDF、3MF、Parasolid、VRML
  • 2Dエクスポート:
    DXF、PDF、CGM、PNG、SVG、BMP...

機能

  • ナビゲーション
  • 選択
  • 検索&フィルター
  • 測定&寸法記入、分割、比較
  • プロパティー
  • レンダリングモード、色の設定、透明度の設定 
  • 壁厚、離型角度、分割機能
  • 衝突検出、距離解析、距離バンド
  • デジタルモックアップ(DMU)
  • 移動、回転、スケール
  • 補助線
  • ラスター/マークアップ
  • バルーンを含む技術文書
  • パブリッシング
  • ノウハウの保護
  • 色分け
  • などなど、たくさんのことが書かれています...

ローディング時間の例

  • 200MBのネイティブCatia。1 セク
  • JTとしての車体。1 セク
  • 50.000部品タービン
    アルスJT13 セク
    アルス3DVS1 セク
  • 3DVSとしてトラックエンジンを完成させます。1 セク
  • 8万個の部品を積んだトラック、完全に粉々になって積まれている、雲の中のトラック。10 セック
  • 20.000部品タービン
    alsネイティブのSolidEdgeを使用しています。35 セック
    アルス3DVS1 セク
  • 3DVSとして125.000部品の航空機組立ライン。1 セク
  • 航空機のセクション
    カティアCGRとして1分半です。
    アルス3DVS5 セク
  • 3DVSとして70万のパーツを搭載した航空機。4 セク
  • 3DVSとして40万個の部品工場7 セク
  • 3DVSとして1000万個の部品を搭載した旅客船。15 セク
もっと見せる 少なく表示

以下のプロジェクト例は、3DViewStationデスクトップのお客様のものです

製造業のサプライヤー

ある航空宇宙業界のコンポーネントメーカーは、熟考ののち、それまで使用していたビューアーの代わりに3DViewStationデスクトップ版の導入を決定しました。

ウィンドウ・パワールーフに特化した自動車部品サプライヤーでは、要求分析を行い、インターネットでリサーチを行ったのちに3社のビューアーを候補としてリストアップ。そのうちの2社では、数日にわたる講習により多額の人件費がかかることが判明しました。お客様は最終的にKisters 3DViewStation Desktop版を選択されました。わずか2時間の製品デモの後、キーユーザーは自分のデータを持って仕事をすることができました。

照明システムに特化した自動車部品サプライヤーでは、要求分析を行ったのち、5社のビューアーを候補としてリストアップ。そして、どのカテゴリーでもKISTERS 3DViewStationデスクトップ版が優れているという決断にいたりました。重要な選択基準は、当初は満たされていませんでしたが、キスターズ・チームによって短期間で開発され、期限内に納品されました。

ある機械メーカーは、3DViewStation DesktopのPMI機能を使用して、MDBの取り組みをサポートしています。彼らは、3D PDFとJTを組み合わせたプロセスを、3DViewStation Desktopをベースにした標準化に置き換えました。

自動車、航空宇宙、機械、装置部門のOEM

あるヘリコプターメーカーは、3DViewStationデスクトップ版を自社PLMシステムとセットで活用。最大2~300万もの部品を伴う複雑なアセンブリーも短時間で読み込み、ECADや標準部品、カラーなどの条件で絞り込むことができます。近傍探索や距離検索では検索範囲内、または配管系沿いの部品を単独表示し、プラグインを使ってCADシステムに転送したのち編集が可能。また、3DViewStation Desktopの技術文書作成機能を使用して、作業指示のためのコンテンツを作成・管理しています。

とある有名スポーツカーメーカーでは、100,000部品を超える車両全体、または各コンポーネントをPLMシステムから読み込み、分析するために3DViewStationが使用されています。これはPLMから完全に独立した、いわゆる完全にファイルベース化された状態でも可能です。

あるトラックメーカーは、3DViewStationのノウハウ保護機能を使用して、見えない部品を取り除き、繊細な部品を疎外することで、違法コピーされた部品の生産を防止しています。

あるプラントメーカーは、3DViewStation Desktopを使用して、PLMシステムから完全なプラントをロードしています。典型的なインタラクティブ機能は、レイアウトと3DViewStation APIを解析してコンポーネントを追加・変更するために使用されます。

鉄道メーカーでは、3DViewStation Desktopの技術資料作成機能を利用して、スペアパーツカタログのデータを作成しています。

大手機械メーカーは、Acrobat 3DとJT2Goを3DViewStation Desktopに置き換え、従来の2Dベースのワークフローに代わって、再利用するとともに、3Dアノテーションモデルを作成しました。

 

工具メーカー、金型メーカー、鋳物工場

当社では金型設計において、製品の作成に3DViewStationデスクトップ版を使用。詳細データをネイティブ/ニュートラルCAD形式で読み込み、分析、必要に応じて体積や表面積などの物理特性の計算のほか、寸法の特定などを行います。抜き勾配分析で使用するツールの複雑性を確認できるほか、金型設計時には高性能スプリット/分割機能が大活躍。作業の確認、保存はビューで行います。そして、この段階で、ジオメトリが添付されたオーダーの受注が可能となります。3D比較機能により、ジオメトリが変更されたかを確認。確認終了後にオーダーの受注となり、今度は生産段階にてPCやタッチディスプレイで3DViewStationデスクトップ版が使用されます。

鋳造メーカーでは、異なるデータ形式で保存されているデータの点検に3DViewStationデスクトップ版がよく使用されます。ドラフト角解析などの高度な解析機能は、デジタルモックアップ(DMU機能)とも呼ばれ、アンダーカットの早期発見によく使われています。