JT 分析と処理

Kisters 3DViewStationはDMUの変換プロセスチェーンのJTデータの編集や処理等を行うための多機能で、操作性に優れたツールです。

JTは自動車産業から生まれた重要な業界規格です。今ではすでにたくさんのプロセスにおいて、JTがネイティブ3D CADデータ の代わりに使われています。しかし、そんなJTもただのデータフォーマットに過ぎません。Kisters 3DViewStationはデジタルモックアップ総合ツールとして、3D CADデータの分析、処理および変換に用いられています。

JTにはBREPだけでなくコラージュも含まれており、特にエンジニアリングプロセス機能において用いられています。人々はこれらのプロセスでしか無料のJT2Goを使いたくないときは、許容性や機能性要件を簡単に満たすことができます。Kisters 3DViewStation の代替的なソリューション:PMIs(GD&T、MDB)を含むプレビューとナビゲーション機能のほかに、さらにユーザー向けに例えばデジタルモデルの生成、測定、寸法記入、分割、流量計算、面積計算、輪郭計算、抜き勾配分析および3D比較機能等のデジタルモックアップ(DMU)や分析機能を提供することもできます。デザインレビュー対策として、討論に備えてサムネイルにおいてパーツの表示または非表示、色の変更と透明度の定義、標記または注釈の追加などのJTプラグインを追加することもできます。あらゆるプラグインにおいてタイプ別、メタデータまたは色別に目的物を検索することができます。準備作業を担当する同僚は、3Dモデルから製造と取り付け手順をエクスポートしてJT形式で提供できるよう、Kisters 3DViewStationをAutorensystemとして使っています。

CADデータがネイティブデータである時は、Kisters 3DViewStationを使ってJTフォーマットに変換することができます。JTフォーマットから変換したい、もしくはJTフォーマットに変換したい方には、Kisters 自動サーバーをご用意しました。

初期段階において3Dプレビューについて多少の要求のある内外部ユーザーのほとんどは代表的なJT2Goユーザーであり、彼らはプロセスにおいて Kisters 3DViewStationによって処理されたJTデータを使っています。


お問い合わせ