3D-PDF 処理

3DViewStationを使用することにより、全てのプロセスにおいて3D-PDFを一般的かつ軽量、汎用的なデータフォーマットとして使うことができます。エンジニアリングとDMUプロセスにおいて、3D-PDFはネイティブCADデータおよびJTなどの標準フォーマットに取って代われる最適な代替ソリューションです。

PDFは、テキスト、グラフィックスから3D CAD データまで何でも対応できる汎用ストレージです。PDFは幅広く知られているアプリであるがゆえに、Adobe Readerのインストールや使用は決して難しいものではありません。しかし、JT等のほかのフォーマットと比べると、果たしてPDFは一つのデータフォーマットと言えるのでしょうか?

3DPDFにはBREPだけでなくコラージュも含まれているため、プロセスフォーマットの前提条件にもエンジニアリングプロセスが含まれています。人々はこれらのプロセスでしかAdobe Readerまたは Acrobatを使いたくないときは、これらの製品の機能性要件を簡単に満たすことができます。この点に関してはKisters 3DViewStationに一つの欠陥があります。PMIs(GD&T、MDB)を含むプレビューとナビゲーション機能のほかに、さらにエンジニアリングユーザー向けに例えばデジタルモデルの生成、測定、寸法記入、分割、流量計算、面積計算、輪郭計算、抜き勾配分析および3D比較機能等のデジタルモックアップ(DMU)と分析機能も提供することができます。デザインレビュー対策として、討論に備えてサムネイルにおいてパーツの表示または非表示、色の変更と透明度の定義、標記または注釈の追加などの3D-PDFプラグインを追加することもできます。あらゆるプラグインにおいてタイプ別、メタデータまたは色別に目的物を検索することができます。準備作業を担当する同僚は、あらかじめ用意されたテンプレートに追加するなど、3Dモデルから製造と取り付け手順をエクスポートして3D-PDF形式で提供できるようKisters 3DViewStationをAutorensystemとして使っています。

初期において3Dプレビューについて多少の要求のある内外部ユーザーのほとんどは代表的な Adobe-Readerユーザーであり、彼らはプロセスにおいて Kisters 3DViewStationによって処理された3D-PDFデータを使っています。


お問い合わせ