3D PDF バッチ変換

3D-PDFは幅広い分野でたくさんのユーザーに愛用されているため、3D-PDFはまさに理想的なデータフォーマットとして、PLMプロセスチェーン以外の3D CADデータに活用することができます。KISTERS オートサーバー(KAS)を使用することにより、大量の3D-PDFをまとめて生成することができます。

PDFは幅広く知られているアプリであるがゆえに、Adobe Readerのインストールや使用は決して難しいものではありません。PDFは、テキスト、グラフィックスから3D CADデータまで何でも対応できる汎用ストレージです。KISTERS オートサーバー(KAS)は、Catia V5、Catia V4、NX、CreoElements/Pro-Engineer、SolidWorks、Inventor、SolidEdge、Parasolid等のネイティブ3D CADデータフォーマットやSTEP、VRML、JT等の中性的なフォーマットに対応しています。KASは、このフォーマットを3D PDFにまとめて変換することができます。そこで誕生したのがPrieView画像です。この加増は単独のファイルとして保存することもできれば、3Dモデルを通じてプレチャートをPDFに挿入することもできます。KASは、単純の3D-PDFフォーマットといわゆるテンプレートをベースとしたフォーマットを生成することができ、PDFページの配置はこれらのフォーマットによって左右されます。主要なシステムに追加できるメタデータや日付、ユーザーネーム、ファイル名等の生産データからなるXMLファイルはこれらのテンプレートに該当します。その特徴として、KISTERS オートサーバーは、複数の3D-PDFの単体パーツから一つのダイナミックアセンブリを、アセンブリのバリエーションや変量、設定を行う時に役立つ3D-PDFとして生成することができる点にあります。

初期において3Dプレビューについて多少の要求のある内外部ユーザーのほとんどは代表的なユーザーであり、彼らは低コストで3D CAD可視化プログラムを使用することができます。


お問い合わせ