3D注釈モデルを図面代わりに使う。

注釈付き3Dモデルが従来の2D図面に取って代わりつつあります。PMIサポートを通じたKisters 3DViewStation 3Dマスター・チェッカーにより2D図面を作成する手間を省きます。

PMIs(製品製造情報)は2D 図面に取って代わる3D CADモデルに注釈を付ける際に使われます。そのほかにも一般的な概念として、MBD(模型ベースの定義)、GD&T(幾何学的寸法と公差)またはFT&A(機能的公差と注釈)および3Dマスターコンセプトがあります。Kisters 3DViewStationほとんどのフォーマットの PMICatia、NX、ProE / Creo、JT などを含む)による 3D注釈表示、プレチャート(サムネイルとビュー名称を含む)、カメラ位置および可視対象に対応しています。Kisters 3DViewStation はさらにPMI注釈に該当する属性をハイライトで表示することもできます。

 

変更管理、生産の分野のユーザーはこれを使い3D CAD ビジュアル化プロセスを確実に、効率よく、さらに、低経費で行うことができます。


お問い合わせ